健康(こころ)

【その女、ジルバ感想】また頑張ろう!と40代女性のやる気を出してくれるドラマ

その女ジルバ3話感想

Yahoo!ニュースでも
トピックが多い話題のドラマ
『その女、ジルバ』
第3話を見ての感想です。

今回はギスギスしていた
職場の人間関係が
変化していく話でした。

ドラマを見終わる頃には
すっかり心が温かくなりましたよ。

※物語のネタバレを含みます。
第1話の感想
【その女、ジルバ 感想】池脇千鶴さんの役作りがすごい!45歳の私に刺さったセリフ
第2話の感想
【その女、ジルバ感想】40代女性の漠然とした悩みを解消してくれるドラマ

ドラマ【その女ジルバ】第3話あらすじと感想

3話の大きなトピックは
主人公の笛吹新(池脇千鶴)が
ホステスとして働いている
バー「BAR OLD JACK&ROSE」へ
職場のリーダーと同僚が訪れたこと。

それと、先輩ホステスである
エリ―こと花富屋敷衿子(中田喜子)が
両親や財産を失う原因となった
詐欺師の男に再会したことです。

特に私は、新の同僚とのエピソードに
グッときました。

共感したSNS上での感想をまじえて
ご紹介します。

江口のりこさん演じるチームリーダーが熱い!


新が働いている物流倉庫の
チームリーダー浜田(江口のりこ)は
言葉づかいも荒く
何かとキツイところがある女性です。

本社から飛ばされてやってきた
新と村木(真飛聖)に
「出向組はこれだから」
厳しく当たることも多々ありました。

新がホストにはまっていると
噂を聞きつけた浜田。

こっそり後をつけて
隠し撮りをしていたのは
リストラ候補として
新の弱みを見つけ出そうと
していた・・・わけではありません。

チームリーダーである
浜田(江口のりこ)には
誰も辞めさせたくないという
強い気持ちがあったのです。

そもそも新と村木は正社員。

彼女らが「姥捨てされた」と
働いている物流倉庫で
正社員として雇われている人は
ほんの一握りなのです。

チームリーダー浜田としては
恵まれた立場で働けることを
もっと自覚しろ!と
言いたかったのですね。


元々はヤンキーだったという設定で
口から出る言葉は荒っぽいけれど
実はスタッフ思いで
根はやさしい人だったんです。

新がホスト通いしているのが
事実かどうか自ら動いて
自分の目で確かめていました。

個人的な好き嫌いだけで
行動しているわけじゃないことが
伝わるエピソードですね。

同僚3人の距離が縮まる様子があたたかい


百貨店から出向させられてきた
新(池脇千鶴)と
村木(真飛聖)は
それなりに仲が良かったけれど

言いたいことを口に出すタイプの
浜田(江口)と村木(真飛)は
ギスギスの関係でした。

そんな二人が
BAR OLD JACK&ROSEのお姉さま方と
新(源氏名アララ)によって
ぐっと距離が近づいたのが
今回の話でとても良かったと思います。


ホステスに変身したアララが
「スミレちゃん、みかちゃん」と
二人を呼んだ時

くすぐったいような
居心地が悪いような
何とも言えない表情をした
2人がとても良かったですね。

四十過ぎた女には心に沁みて仕方ないドラマです

私が「ちゃん」づけで呼ばれたことは
ずいぶん前だったと思います。

ましてや最近、知り合った人なら
さん付けで呼ぶことがほとんどです。

でも、ちゃんづけで呼ぶのって
良いかもしれない・・・
そう感じた私です。

ドラマ「その女、ジルバ」を見ると
現実にBAR OLD JACK&ROSEが
存在していたら良いのに!
そう思いますね。

常連さんたちが
通いつめるはずですよ(笑)

今週も1週間がんばろうー!と
思える良いドラマです。
最終回が永遠に来ないで欲しい・・・

◆ブログの感想や、同年代トークはTwitterにてお気軽にどうぞ♪

◆第1話の感想
【その女、ジルバ 感想】池脇千鶴さんの役作りがすごい!45歳の私に刺さったセリフ
◆第2話の感想
【その女、ジルバ感想】40代女性の漠然とした悩みを解消してくれるドラマ
◆公式サイト:その女、ジルバ(東海テレビ)