健康(からだ)

乳酸菌で腸を元気に!ぬか漬けの気軽&簡単な始め方

初心者でも簡単なぬか漬け

コロナ感染をなるべく避けるため、自宅で過ごす時間が増えた方も多いのではないでしょうか(2020年4月現在)。

せっかくの春ですが、外出は控えたい・・・

ならば春という季節を活かすことが出来て、なおかつ自宅で出来て、腸内環境まで整えてくれる、一石三鳥の趣味を始めてみませんか?
桜と狛犬
それは何かと言うと『ぬか漬け』です!

発酵の進みが活発になり、野菜の種類が増え始める春は、ぬか漬けデビューに最適なんです。

ぬか漬けと言えば、体に良さそうだし、料理スキルが高い人と言ったイメージがありますよね。

それと同時にこのような不安や疑問も感じる方が多いのではないでしょうか。

  • 材料を揃えるのが大変そう・・・
  • めんどくさそう・・・
  • 手や部屋が臭くなりそう・・・
  • 手入れが面倒でダメにしてしまいそう・・・

不安を感じる猫
これね、全然、大丈夫です。心配しなくても良かったですよ!

ただし正統派のぬか漬けに比べ、私がたどり着いた方法は、かなり大雑把ですが(笑)

このブログでは初心者が気軽にぬか漬けを始められる方法、その後、気楽にぬか漬けを続けられる方法についてお教えします。

ぬか漬けで得られるメリット(栄養面)

まずはモチベーションアップのために、ぬか漬けの何が良いのかまとめました。

腸内環境が改善される

善玉菌と悪玉菌のどちらが優勢になるかは、腸内環境によって変わります。

弱酸性だと⇒善玉菌が活動しやすくなる

アルカリ性だと⇒悪玉菌が繁殖しやすくなる

腸内を弱酸性にするにはどうすれば良いか?

それには生きた植物性乳酸菌を体内に取り入れること!

そうすれば腸内で乳酸を育成することに繋がり、腸を弱酸性にしてくれます。

ただし乳酸菌は腸内に定着しにくい

毎日ぬか漬けを食べるだけで、新しい乳酸菌を腸に届けることが出来ます。これで問題は解決です!

疲労回復・食欲増進・消化促進効果がある

ぬか漬けで健康美人
ぬか漬けに含まれるビタミン B 1は、糖質の代謝を助け、疲労物質の発生を抑えてくれます。

また、糖分を分解してエネルギーに変えたり、胃腸の働きを助けてくれたり、消化を促進させる効果もあるそうです。

美肌効果や免疫力アップ

美肌のロシア美人
ビタミンCはコラーゲンを作ったり、有害な活性酸素を抑えるといった、美肌に嬉しい抗酸化作用があります。

そんなビタミンCの欠点は、水溶性で加熱に弱いこと。

ぬか漬けは生のままで食べられるため、大事な栄養を損ねることがありません。

酵素の力で老化防止効果

ビタミンたっぷり野菜とフルーツ
ここ数年、酵素がいかに大事かという話を見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

私たちが作り出せる酵素の量には限度があり、年齢とともに酵素はどんどん消費されてしまいます。

先ほどのビタミン同様、酵素も熱に弱いため、やはり生のまま食べられるぬか漬けは最高の美容健康食というわけです。

ぬか漬けを始めるメリット(生活面)

確かにぬか漬けを作るにあたって多少の手間は必要ですが、それ以上のメリットがあります。

あと1品を手軽に増やせる

定食をイメージしてください。主菜がドーンと中央にあって、手前にご飯と汁物、そして小皿に盛られたお新香があれば十分ではないですか?

何種類かの野菜を使った場合は、さらに見栄えも良く、立派な1品に数えることが出来ます。

野菜不足をカバーできる

とにかく生のまま漬け込むだけなので、気軽に野菜を食卓に並べることが出来ます。

野菜を無駄にせず節約になる

野菜と果物
特に食べ切れないタイプの大きな野菜に有効です。

我が家は3人家族ですが、大根1本では1週間持たない事もあるぐらいです。

白菜やキャベツも使い切れない野菜の代表ですよね。ぬか漬けにすると美味しいですよ。

ただし表面積が大きく、ヌカを取り除くのが面倒で、私はもっぱら大根・人参・夏はキュウリをリピートしています。

ぬか漬けにしたキャベツって、とても美味しいんですけどね。私の場合は手間がかからないことが、あくまでも最優先です(笑)

初心者におすすめ!ぬか漬けの簡単な始め方

ぬか漬けが出来るまでの流れ

    1. 食材から水分が抜け、同時に栄養素がぬか床の中に溶け出す
    2. それらの栄養素が、微生物や乳酸菌の代謝活動によって、タンパク質や糖質へと分解される
    3. そこからアミノ酸や乳酸などを作り出し、甘味や風味のもとになる
    4. それが野菜に染み込み美味しいぬか漬けになる!

難しそう⇒最初のハードルを下げよう

ぬか床を自分で最初から作る場合、ぬか床を育てあげる必要があり、食卓へ上がるまでの時間と手間がかかります。

手作りが好きな人、完璧を目指したい人は、そういったプロセスも楽しめるでしょう。

・・・が、私のようなズボラ人間は、この部分はショートカットしちゃいましょう!

用意すべきなのは、最初からぬか床が完成しているスタンドパックです!
初心者向けのぬか床パック
ポイントは『スタンドパック』であることですね。

初心者はぬか床と容器のセットを購入してはいけません。

なぜなら途中で挫折した場合、容器が無駄になるかもしれないからです。

スタンドパックなら、大抵の地域で燃えるゴミとして捨てることが出来ます。

もし挫折した場合も考慮すると、気軽に始めることが出来ますよ。最初から後ろ向きですが(笑)

▼私が最初に利用したものはこちら▼

created by Rinker
樽の味
¥798
(2021/03/03 01:00:46時点 Amazon調べ-詳細)

臭そう⇒冷蔵庫なら気になりません

ぬか床を混ぜた手のニオイを嗅ぐ女
隙間の多い昔の家屋とは違い、現在の住宅状況で気になるのは、やはりぬか床のニオイではないでしょうか?

先ほどのスタンドパックであれば、丸ごと冷蔵庫に収納することができます。

低温で保存されている限り、まず気にする必要はありません。

キムチを自宅の冷蔵庫に保管出来る方であれば、まず問題ないでしょう。

また、混ぜた後の手についても直後はニオイが感じられますが、そのあと日常生活(洗い物、トイレなど)をしていれば自然と消える程度ですから心配ありません。

頻繁に混ぜるのが面倒⇒冷蔵庫なら回数削減!

ぬか床の手間と言えば、やはり『かき混ぜる必要がある』ことですよね。

かき混ぜる理由は、酸素が好きな菌と、酸素が嫌いな菌がぬか床にいるためです。

ぬか床の表面だけが酸素に触れますから、全体をかき混ぜることで、菌の繁殖を均一に促すことが出来るというわけなんですね。

これをサボってしまうと、酸素を嫌いな菌が繁殖し、逆に酸素を好きな菌が弱ってしまいます。

理想は朝晩にかき混ぜることですが、やはりちょっと面倒ですよね。

そこで冷蔵庫に収納することで、菌の繁殖のスピードを緩め、かき混ぜる頻度を少なくすることが出来ます。

ただし、ぬか漬けが漬かるスピードも遅くなるため、そこは手間と自分の食欲を測りにかけてくださいね。

冷蔵庫から出したてのぬか床を混ぜるのは冷たいので、私のように末端冷え性の方は30分ぐらい室温に置いた方が良いと思います。

冬場であれば冷蔵庫だけでなく、暖房を使っていない部屋に置いても大丈夫ですよ。

最後に:続くかどうか試してみないと分からない

日本の古き良き母というイメージのぬか漬けですが、現代はもっとズボラ・・・大らかに作っても問題ありません。

もう少し詳しくイメージしたり、また、やってみて自分で続けられそうだ思った方向けに、次のステップについても紹介した記事を書きました↓

https://mosaku-beauty.com/421.html

こちらも参考に、気になる方はぜひ試してみてくださいね。