運動で変える

超ラジオ体操をやってみた感想&特徴と欠点について

超ラジオ体操

皆さんはラジオ体操ならぬ、超ラジオ体操をご存じでしょうか?

筋肉体操でおなじみの、谷本道哉さんが提案されている体操です。

おなじみのラジオ体操(テレビ体操)の動きをベースに、より効果的に行えるよう構成されているのが特徴です。

私は以前、普通のラジオ体操を1ヶ月半、毎日行ったことがありました↓

https://mosaku-beauty.com/56.html

それを踏まえて、こちらの超ラジオ体操についての感想をまとめます!

超ラジオ体操の特徴について

超ラジオ体操のポイント

超ラジオ体操

①動きをゆっくりめに
②一つ一つの動きを丁寧に
③複雑な動きは単純に

元のラジオ体操は動きのテンポが速いため、実は正しく体を動かすことが難しいそうです。

超ラジオ体操はその欠点をカバーし、誰でも確実に効果を得られるように構成されているだけでなく、元のラジオ体操では効果の弱い部分を強化しているところが元のラジオ体操との違いとなります。

超ラジオ体操がデスクワークの人に最適な理由

肩こりが辛い
1日中デスクワークを続けることで、背骨は前に曲がった猫背の形で固まりがちになってしまいます。同時に肩甲骨も肩が前に出たままの姿勢が続きます。

そして座りっぱなしですから、股関節も動きが悪くなってしまうのは当然ですよね。

動作の中心となる「背骨・肩甲骨・股関節」の動きが悪いことが様々な不調や、慢性疲労に繋がっている可能性があり、それを解消するために、その部分を大きく動かす必要があるそうです。

超ラジオ体操は、これら「背骨・肩甲骨・股関節」の箇所を効果的に動かす動きが組み込まれているところが、普通のラジオ体操よりも優れていると言えます。

超ラジオ体操は手軽に出来る

超ラジオ体操
最後の深呼吸を除けば、普通のラジオ体操と同じリズムで行うことが出来るため、放送時間に合わせて習慣化することも可能です(動作がゆっくりなので、その分、回数が少ないものが多いです)。

全て通しで行っても4分弱で終わりますし、トレーニングウェアに着替える必要もありません。

靴下ぐらいは脱いだ方が安心ですが、まあ、脱がなくても出来なくもありません。

とにかく手軽に出来る所が、超ラジオ体操のメリットだと思います。

超ラジオ体操の感想

肩周りが特にほぐれる!

超ラジオ体操で肩周りがスッキリ
とにかく肩甲骨まわりに効いているのを実感出来ます!

終わった後は肩甲骨の辺りの血流が良くなるため、若干かゆくなる位です(笑)

足が軽くなります!

デスクワークで足が重い
私は自営業でPC作業が多いため、日中はほとんど家の中でウロウロしています。

そのため足が冷えたり、ムクミやすい悩みがありますが、超ラジオ体操を終えた後は、足がとにかく軽くなります

基本的には上半身の動きが中心でが、最後に股関節を大きく動かす体操があり、これだけでもずいぶん効果があるようですね。

超時間が短いため続けやすい体操です

超ラジオ体操
テレビ体操を続けていた時は、他の体操や、ちょっとした繋ぎのナレーション等もあり、全体で10分程度の時間が必要でした。

何とか1ヶ月半続けましたが、最後の方はやっつけで行っていた所があります。

ですが超ラジオ体操は純粋に『ラジオ体操』のみ、たった3分54秒で終わるところが、気軽にやろう!と思える理由なんですよね。

超ラジオ体操の欠点

最後に超ラジオ体操の欠点をお伝えします。

それは書籍だけでは全体の動きが理解しづらく、動画だけでは細かい動きが分からないという点です。

つまりどちらも揃ってないとダメなんです。苦笑。

本の中にはそれぞれの動きと、超ラジオ体操の通した動画のQRコードがついています。

それなら動画だけ見ればいいんじゃない?と思うかもしれませんが、流出防止のためなのか、動画では細かい動作の説明がされていません。

そのため書籍で細かい動きについて確認する必要があり、それを覚えるまでは、書籍を確認しながら動画を見る必要があります。

もちろん慣れてくると書籍でいちいち確認する必要もなく、動画と一緒に運動が出来るようになりますよ。

少し割高でもいいから解説DVDを付けたムック本があると、ご高齢の方には使いやすいのではないかなと思いました。

超ラジオ体操で体を動かせるようになったら、さらに「体力や筋力をアップさせたい」「引き締まった理想的な体型を目指したい」という人向けに、効果的なストレッチと筋トレも掲載されているので、購入しても損の無い1冊だと思いました。