40代からの生き方

年下男性とアラフィフの知人に恋の予感。若返り効果を感じました

恋の予感は年齢に関係なく楽しい

私は結婚支援事業にも携わっていますが、やはり何歳になっても「恋に発展しそう」な段階が、とても楽しそうに見えます。

いや、楽し“そう”ではなく、間違いなく楽しいと思いますが(笑)

それは20代、30代の若い世代だけに限らず、40代、50代、なんなら60代も関係ないようです。

ひと回り以上も年下の男性と恋の予感


最近、54歳の知人女性と、ひと回り以上離れた男性との間に、恋の気配が生まれているようです。

知人は独身で、地元では割と待遇の良い企業の正社員。

お相手はサービス業をいくつも掛け持ちし、朝から晩まで働いているバツイチ男性だそうです。

年が自分よりずいぶん若いだけに、恋の予感にウキウキしつつも、お金目当てなんじゃないかという不安も感じているとのこと。

それでもやっぱり「LINEの返信がそっけない」だとか、「世間がイベントの日に約束しちゃったけどどう思っているのかしら?」など、あれこれ相談するLINEが私のもとに送られてきました。

それを見て私は「これぞ〇〇さん!」と嬉しくなったんですよね。

知人はバブル世代で、その時代らしいトレンディな恋愛を楽しんできた女性です。(ちなみに私は氷河期世代です)

ところが結婚のタイミングを逃し、その後は借金グセのある彼氏との付き合いが長く続き、数年前にキッパリ別れたものの、以前の彼女からは考えられないような地味~な日常を送っている様子でした。

その頃の知人と言えば、元気がないというか、すっかり覇気が消えてしまっていました。

借金グセのある彼氏でしたが、なぜかその時の方が彼女はイキイキしていたんですよ。

その当時は共通の友人と「〇〇さんは恋愛体質だよね」と話していましたが、最近の様子を見ているとやっぱり恋をしている時が彼女らしいなと思いました。

羽生結弦選手によって人生が変わった女性たち

知人の場合は対象が恋愛でしたが、何でもよいから夢中になれる対象がある人は幸せだと思います。

先日、NHKのねほりんぱほりんで「羽生結弦選手に出会って人生が変わった人」というテーマの放送を見ました。

https://www4.nhk.or.jp/nehorin/

スタジオに登場したゲストは、年齢も収入も全く違う3人の女性。共通するのは羽生結弦選手に出会って人生が変わったことだけです。でもみんな本当に幸せそう!

私が参考にしたいと思った部分をまとめました。

お金の使い方が変わった

例えば一人暮らしの女性ファンの場合、必要最低限の生活費を別の口座に移動し、残ったお給料は全て羽生用資金として使用するそうです。

他人からすれば趣味にお金をつぎ込んでいるように見えますが、彼女にとっては生命維持費であり、生きるためのお金だから無駄遣いではないそうです。

決して高給ではないため、缶詰をオカズにご飯を食べて食費を削るなどの工夫をされているそうですが、スタジオで話していた彼女はとても幸せそうでした。

良い人へと導いてくれる

ファンの中には「心の羽生結弦」がいるそうです。

自分の中の天使と悪魔ではなく、自分の中に「私と羽生結弦」がいるんですね。

迷ったときに羽生結弦ならどっちを選ぶ?と想像すれば、間違いなく正しい選択が出来ます。

仕事から帰ってメイクも落としたくない、お風呂にも入りたくないという時も、「羽生結弦なら入る!」と重い腰を上げられる。

宗教などで「神様に恥ずかしくない振る舞いをしよう」と思うのに似ていますよね。

こういう信仰を持てる人って、人生に芯が持てるような気がします。

彼のために学ぶ気持ちになれる

羽生結弦選手のすばらしさを、世界中の人により的確に伝えるために英会話を習っている女性もいました。

彼女にとってはビッグファン(Bigfan)どころではないため、もっとピッタリの形容詞が無いか教えてもらったそうです。

ちなみにGiantic(巨大)、Galactic(銀河)、Titanic(巨大な)等が使えるそうですよ。

英会話学習ってなかなか続きませんが、目的がはっきりしている分、モチベーションの維持が出来そうですね。

日常生活に小さな幸せを見つけられる

仕事でA4用紙の発注するのが超楽しい!という女性もいました。

どういう意味かと言うと、世界で誰も成功したことがない4A(4回転アクセル)を成功させるのが、羽生結弦選手とファンみんなの夢なんだそうです。

だからA4という文字を見るだけでも、楽しい気分になるそうです。

ちなみに羽生結弦選手の誕生日の数字「1207」を、偶然見かけたときなどもテンションが上がるそうですよ(笑)

夢中になれるものが1つあれば良い

MCの山ちゃんが「ある種幸せでもあり、ちょっとした不幸でもありますよね」と問いかけました。

世の中にある様々なものや人に対して、トキメキを感じないということですから。

でも当の本人は不幸だなんて思っていません、だって十分に幸せなんですもん。

「大会に行っただけでハッピーになるし、心も強くなるし、肌ツヤも良くなるし、実質タダみたいなもの」と言っていました。

メンタルも強くなって、肌もきれいになって、心が潤って、次の遠征のために働いてお金を稼ぐぞ!と元気をもらえますよね。きっと。

夢中になれる対象があれば自然と若々しさがあふれ出す

とにかく同じことの繰り返しばかりしていると、表情も身にまとう雰囲気もくすんでくるような気がしませんか?

何も恋愛するのが偉いとか、刺激のある生活を送ることが凄いのでなくて、自分の感性を動かす対象があることが大切なんじゃないかと感じます。

パソコンと向き合ってばかりの生活をしている私が言うのも何ですが(^_^;)

私も何か夢中になれる対象と出会いたい、見つけたいと思うのでした。