40代からの見た目

10月に取り入れるべきアイテムについて(40代ファッションオンチ向け)

皆さんは、ご自身のファッションに自信がありますか?

私は全くありません。ゼロです、ゼロ!

ファッションセンスがある方って、もともとファッションが好きな方ですよね。

10代の頃から服に興味があり、お小遣いの大半を服やコスメなど、外見に関することに費やしてきたのではないでしょうか?

10代の頃からマンガや小説、食べ物周りにお金を費やしてきた私は、当然ですが40代になった今でもファッション音痴のまま。

そんな私が今さらながら44歳で、ファッションを勉強するというシリーズ企画です。

こちらが初回記事↓
http://mosaku-beauty.com/77.html
なお、ファッションオンチな私が勝手に考えたものではなく、参考書籍から「共通する項目」を洗い出し、ファッションオンチでも真似出来る部分をピンポイントで抽出しました。

当然ですがファッションが好きな方には、鼻で笑われそうな最低限度のルールですので、私と同じ様な方の参考になれば良いなと思います。

デザインではなく素材から選べば失敗しらず!

まず最初に私が考えた『お洒落な人の条件』を、シンプルにまとめてみました。

  • ファッションセンスが良い
  • ファッションにお金をかけられる
  • スタイルが良くて着映えする(背が高い、顔が小さい等)

対して、私のスペックがこちらです。どどん!

  • ファッションセンスが無い
  • お金もあまりかけられない
  • 身長157cm、頭部はやや大きめ

オシャレに見える要素が何ひとつありませんね・・・。

こんな残念な私でも失敗せず取り入れられる、お洒落に感じられる方法についてご紹介します。

新鮮さで”オシャレ”だと錯覚させる


先ほど挙げた、お洒落な人だと思う条件の他に、もうひとつ法則を発見しました。

それは『新鮮に見える』ということです。

冬のピークは越えたものの、まだ朝晩の冷え込みが厳しい時期をイメージしてください。

日中は暖かくても、通勤の時間帯は朝晩ですから、ほとんどの人が冬物コートを着用していますよね。

そんな中で、春物コートを着用している女性を見かけた時、とても素敵に感じられませんでしたか?

暗い色のアウターを着用している人が多い中、ペールトーンや、パステルカラーの明るい服は、それだけでパァッと印象を変えます。

これが季節の先取りによる『新鮮な印象』のお洒落効果ですよね。

つまり、10月はこの逆で、これから迎える寒い季節をイメージさせるような、暖かみのある素材のものを取り入れれば良いというわけです。

世の中に溢れる服の中から、素敵なデザインを選ぶにはセンスが必要ですが、限られた素材を選ぶだけならファッション音痴でも難しくはありません。

季節感を加えるとコーデの印象がアップ!

シンプルなデザインを組み合わせた、普通のコーディネートでも、素材によって季節感を変えることが出来ます。

同じクルーネックのトップスでも、綿の白Tシャツと、白のニットカーディガンでは、季節感が全く違いますよね。

もし秋の肌寒い日、綿の白Tシャツを着ていれば、寒々しい印象を与えます。

逆に汗ばむようなポカポカ陽気の中、モコモコのニットカーディガンを着ていたら、お洒落な人には思えません。

やはり季節に合った素材が、コーディネートの印象を上げてくれるのは間違いないようです。

スエード素材の小物で秋を取り入れましょう


ただ、10月に本格的な防寒スタイルでは、さすがに先取りし過ぎです。

そこで靴やバッグで、スエード素材を取り入れてみるのがオススメのようです。

スエード素材は季節感が感じられるだけでなく、品が良く見える効果もあるそうですよ。私たち世代にピッタリですね!

もちろん暖かみのある暖色系から選べば、一段と季節感が出せるでしょう。

トップスの素材の厚みで全体の印象を変えられます


厚手の場合、暖かく柔らかな優しい雰囲気を与えます。

薄手の場合、上品で繊細なイメージになります。

いずれも素材自体は滑らかな素材の方が、高価な印象を与えてくれるそうです。

逆にモコモコ素材や、ミックスヤーンのニットなどは、気どらない優しい雰囲気を与えてくれます。

まとめ:10月はスエード素材の靴やストールを買おう!

ごくごく普通のコーディネートでも、季節感を取り入れるだけで、お洒落度がアップすることが伝わったでしょうか。

ファッション音痴でも、素材を選ぶだけなら間違うことはありません。

スエード素材の靴、もしくはバッグ、後はストール(理想は厚手と薄手の2枚)を購入し、全体の印象をアップさせましょう。

この時期は手持ちの服をベースに使い、限られた小物を加えることで、予算を抑えることが出来るのも嬉しいですね(*´ω`)