40代からのダイエット

40代主婦のゼイ肉が落ちない理由とは?やる気を上げる小説も紹介します

痩せたい、ダイエットしなきゃ・・・と思いながらも、なかなか行動に移せない人はいませんか?

晩ごはん時のゴールデンタイムには、ダイエットに関する情報TV番組がよく放送されています。

主婦向け雑誌には、何かしらダイエットに関する特集が掲載されています。

もちろんダイエットについてだけ書かれた書籍や、特集されたムック本も書店には並んでいますよね。

これだけ多くのダイエット情報が提供されるぐらい、多くの人が『痩せたい!』と思っているはず。

それにも関わらず新しい情報や商品が次から次へと登場するのは、それだけ痩せることが出来ないからですよね。

私と同じ『40代主婦』のダイエットを阻む原因と、それを踏まえてダイエットを実行するにはどうしたらいいのか色々と考えてみました。

40代主婦がダイエット出来ない理由とは?

最近、私は『あなたのゼイ肉、落とします』という小説を読みました。

タイトル通り、ダイエットにまつわる4つの短編が書かれています。

created by Rinker
双葉社
¥715
(2021/04/14 06:51:26時点 Amazon調べ-詳細)

登場するのは、痩せたいけど痩せられない10~49歳までの男女4人と、カリスマダイエットアドバイザー大庭小萬里という女性です。

この中から最も年齢が近い、49歳の園田乃梨子という女性の物語を例にあげながら、40代女性のダイエットを阻む状況についてまとめてみました。

ダイエットの基礎知識を知っている”だけ”だから


詳しくは最後にまとめておきますが、カリスマダイエットアドバイザー大庭小萬里が推奨するダイエット方法は、誰もが一度は耳したことがあるような、ありふれた方法ばかりです。

園田乃梨子も「あたり前なことばかりおっしゃるんですね」と、思わず本音を口にしてしまいました。

テレビやネット等がある現代、基本的なダイエット情報や知識を知っている方がほとんどだと思います。

知識はあるけれど、実行していない、これが私を含め大半の方が痩せられない理由のひとつではないでしょうか。

仕事と家事でへとへとだから


小説の中の園田乃梨子はフルタイムで働いており、同居している家族は夫と、社会人の娘の3人暮らしです。

彼女はこのような生活を送っています。

平日は会社と家事で精いっぱいだ。

眠るのだけが楽しみというくらい疲れ果てている。

休日の楽しみは昼寝だ。

土曜か日曜の少なくともどちらかは昼寝をして

溜まった疲労を取らないと、翌週がつらくなる。

この様に彼女は会社でも家でも忙しく働き、そして常に疲れています。

40代主婦のダイエットが難しい理由

  • 家事や雑事をこなしているうちに時間が無くなる
  • 家事や雑事を終える頃にはヘトヘトになる
  • 40代にもなると体力が低下していて疲れが抜けない
  • 時間があったら疲れを取るため睡眠時間にまわしたい

40代主婦がダイエットを実行に移すために

時間が無い、体がつらい、だから新しいことをする気力まで残っていない・・・そんな40代主婦がダイエットを実行するにはどうしたら良いのでしょうか。

運動するのは将来の自分のため&子どもためと考えてみる


まず最初に挙げるのは、モチベーションを維持するための考え方についてです。

体が辛いから運動をせず、そのまま体を動かさないでいると、どんどん体力が低下してしまうそうです。

年齢がこれから上がるにつれて、頑張って運動や筋トレ、エクササイズをするのは、ダイエットの為だけではなく、体力や筋肉を現状維持するためでもあるんです。

筋肉量が減ればますます太りやすくなるだけでなく、転びやすくなるので要注意です。

年齢があがるにつれ、転倒から骨折しやすくなり、歩けなくなったのをキッカケに、痴呆が進む話を耳します(私の祖母もそうでした)。

そうなってしまったら自分自身も大変ですが、子どもにも迷惑がかかります。

自分の為にはやる気が出ないタイプの方でも、子どものためだと思えば頑張れる方もいますよね。

もちろん自分自身が健康で、自由に動ける老人でいられれば、旅行だって、新しい趣味だって楽しめるはず。

将来の自分の楽しみのためにも、ダイエット=痩せる、だけでなく体づくりにもなると考えてみるのはどうでしょうか。

運動のハードルを下げる・減らす


物語の中で園田乃梨子は、スポーツジムに通ったけど続かなかった過去があります。

鍛え上げられた男女がいるジムだったので、自分の体型が恥ずかしく、気後れして行けなくなったのも理由のひとつです。

そこで小萬里がオススメしたのは、駅からすぐそばにある、女性だけのスポーツクラブでした。

しかも週に2~3回、土日だけでも大丈夫だと言うのです。

時間や費用、手間など、なるべく負担にならないよう、ハードルを下げることが、運動を続けられるポイントです。

私は自宅でDVDを見ながら行ったり、数少ないポーズだけを繰り返し行っています。

詳しくはこちらの記事にて書いてありますので、気になる方は読んでみてくださいね。

http://mosaku-beauty.com/142.html

運動するために家事を手放す


そう提案する小萬里に対し、園田乃梨子はこう言いました。

「会社が退けてからは家事もありますし、
土日も家事で忙しいんです」

これ、主婦なら同じ様に感じた方も多いのではないでしょうか。

家事ってやろうと思えばどこまでも出来るものですよね。ゴールがはっきりしていないというか。

それだけに時間を使おうと思えば、いくらあっても足りません。

そしてやり取りは続きます。

「乃梨子さん、時間は作るものなんですよ」

「時間なんて作れるわけないと、今あなた、お考えになったでしょう」

つい、むっとした表情を晒してしまっていたらしい。

「ええ、まあ」

「家事を手放せばいいのです」

先ほど「家事ってやろうと思えばどこまでも出来るもの」と言いました。

と言うことはここまでしかやらない、と決めることも出来るのではないでしょうか。

私たちが頑張って100行った家事も、家族には3割程度しか認識されていなかった、など身に覚えありませんか?

それは家族にとって、3割程度の家事で充分だと思っているから、それ以上はその人が好きでやっていること、と感じているのかもしれません。

自分だけが抱えている家事を手放して、自分にかけられる時間を確保出来るのか

私たちは自身の女気(おんなぎ)を試されているかもしれませんね。

大庭小萬里が推奨するダイエット方法とは?

カリスマダイエットアドバイザー大庭小萬里本人は、見た目は地味な『イケてないおばさん』なんですが、実際は必要な筋肉をしっかりつけた体なんです。

そんなダイエットのカリスマは、どんなルールを教えてくれるのか興味がありますよね。

そのルールについてまとめたので、一度目を通してみて下さい。

食に関するルール

  • 夕食は野菜を中心にした鍋にすること。
  • 食事前には、必ずキャベツの千切りを食べて
    お腹を膨らませておくこと。
  • 少なくとも夕飯は炭水化物を抜くこと。
  • 夜七時以降は食べないこと。

ちなみに私も主食抜きの日をつくる、ゆる糖質制限を実行中です。

http://mosaku-beauty.com/186.html

運動について

  • 毎日ひと駅分は歩くこと。

やる気を維持するためのルール

  • モチベーションを保ち続けるために
    いつも明るい気持ちでいること。
  • どうしてもケーキや和菓子を食べたいときは、
    きちんとお茶を淹れて、ゆったりと楽しむこと。

小萬里式ダイエットルールの感想は?

created by Rinker
双葉社
¥715
(2021/04/14 06:51:26時点 Amazon調べ-詳細)

ここまで読んで「な~んだ」とガッカリした方はいませんか?

安心して下さい、そう感じるのはあなただけではありません。

小説の中の依頼人だって同じような反応でした。

「あたり前なことばかりおっしゃるんですね」
つい本音が口をついて出てしまった。

気分を害したかと、思わず小萬里を見ると、
口の端を歪めて、笑みを浮かべている。

この後の大庭小萬里の返しが上手いです。

「常識も何も、摂取カロリーが
消費カロリーより多かったら太る、
それだけのことです」

めちゃくちゃ、痛いですよね。私は耳が痛いです。苦笑。

最後に:40代主婦が痩せるには無理せず出来ることから

先ほどあげた『非常に常識的なダイエットルール』ですが、大庭小萬里に言わせれば『努力目標』にしか過ぎません。

なぜなら先ほどのルール全てを365日完璧に守れるような人なら、すでに痩せることが出来ているからだと彼女は言いました(同意!)。

大庭小萬里は、まず手始めとして、その日に食べたものを全部書き出してみることから提案します。

100%出来ないうちは実行しないという人は、ゼロです。

ですが5%でも出来ることをやれば、ゼロの自分より実行力5%アップしているのですから。

時間の捻出もそうですが、今の自分が出来ることから少しずつ始めて行けばいいんですよね。

まずはラジオ体操なんていかがでしょうか?

http://mosaku-beauty.com/56.html